Bio
Japanese long ver. spacer Japanese short ver. spacer English ver.

Kenji Shimizu 清水賢二 (KEN G) テナーサックス・ソプラノサックス奏者
 1967年山口市出身。中学2年の頃独学でアルトサックスを始める。山口高校在学中、山口市の老舗ジャズスポット「ポルシェ」にてセッションを重ねる。'86年高校を卒業後、東京に移住し音楽学校に2年間在籍。'88年ジョー・ヘンダーソンの演奏に影響されテナーに転向し、日本ジャズ界の鬼才・植松孝夫氏に師事。'89年より自己のバンドで「新宿ピットイン」を中心イブ活動を開始。'91年NHK-FM「セッション'91」に自己のバンドで出演するなど、NHK全国放送、NHK福岡、FM福岡、NHK山口、山口放送、山口朝日放送、ジャズフェスタ山口、Street Art-plex KUMAMOTO、関門サニーサイドジャズフェスタ、春日市ふれあい文化センター音楽家派遣事業・音楽の玉手箱、アクロス福岡シンフォニーホール、九州国立博物館、などのメディア・イベントにも出演。市川修、板橋文夫、山本剛、日野皓正、佐藤允彦、エディ・ゴメス、ジミー・コブ、ランディ・ジョンストンなど国内外の有名アーティストとも多数共演。
 '05年、'07年、'09年にカナダのToronto Jazz FestivalでSAN MURATA TRIOにゲスト出演するなど北米にも進出。'06年〜'08年トロントやニューヨークで録音したCDを4枚リリースし、ジャズ雑誌などの高い評価を受ける。
 基礎化粧品メーカーTERREIのブランドイメージ音楽を制作・提供。
 現在福岡市在住。豊かな音色と幅広い音楽性を兼ね備え、北海道から沖縄まで全国的に活動を展開している。

Official Website http://gjazz.jp/keng/

Discography
1995 THE REASON
1996 BULL'S EYE
1997 Two Face
2006 Last Winter / KEN G(sax) San Murata(vln) Dan Ionescu(g) Jack Zorawski(b) recorded in Toronto.
2006 Tenderly / KEN G(sax) San Murata(vln) Norman Amadio(p) recorded in Toronto
2007 You Can Sleep Now / KEN G(sax) Gary Binsted(b) recorded in Toronto
2008 CRY OF THE WILD / KEN G(sax) JAKE LANGLEY(g) RON OSWANSKI(org) JOE STRASSER(ds) recorded in New York
2012 Black Coffee / Urakami Maki(vo,g) KEN G(sax)
2013 DVD「ペンタトニック+αでアドリブ入門 for サックス」
2015 Japanese Standards (日本の名曲をジャズアレンジ)
2017 Air on the G String (クラシックの名曲をジャズアレンジ)



Tenor Saxophone
SELMER M7, SELMER Reference 54, SELMER Super Action 80 SERIE II
Mouthpiece
Berg Larsen ebonite 130/0M, Otto Link RG rubber 128

Soprano Saxophone
YAMAHA YSS-62
Mouthpiece
SELMER Super Session H or I


年表


home

Copyright(c) Kenji Shimizu (KEN G) All Rights Reserved.

inserted by FC2 system